京都ロイヤルホテル&スパ


京都府のホテルは、京都府のイメージである和を意識してか、下品な装飾や派手すぎる演出などは控え、それでいてサプライズや美しさ、華やかさをしっかり魅せるようなホテルが数多くあります。
その中でも特に知名度が高く、紅葉のシーズンに数多くの予約が入るのが、京都ロイヤルホテル&スパです。

京都ロイヤルホテル&スパは、本能寺の直ぐ傍にあるホテルです。
京都御所や清水寺、南禅寺も車で10分の距離にあり、観光の拠点としては最高の立地条件なのではないでしょうか。
京都府のイメージを重視し、和の粋を随所に散りばめているので、雰囲気を壊す事無く宿泊できるというのが非常にありがたい宿と言えます。
客室数も多く、ツインを中心にシングル、ダブル、スイートなど各種揃っており、禁煙ルーム、禁煙フロアも設けられているので、煙草の煙が苦手な人には泊まりやすい宿と言えるでしょう。

開業は1972年と比較的新しい方ですが、それでも35年以上の歴史があり、その間に数多くの観光客が宿泊し、満足して言った京都府を代表するホテルです。
今や京都府のホテルの中でもトップクラスの知名度を誇っています。

紅葉の季節になると、こういった有名なホテルは一月先まで予約で埋まってしまいます。
折角紅葉を見に行く為の旅行を計画したのに、泊まる予定だった京都ロイヤルホテル&スパには泊まれず、歯がゆい思いをしたなんて人も少なくないでしょう。
そうならない為にも、旅行の計画は早めに立てておきましょう。
  


京都ホテルオークラ


京都旅行というと、どうしても旅館の印象が強いかと思います。
京都府のイメージからすると、旅館で浴衣を着て、窓の外から紅葉で染まった山を眺める、というのが風情と考える人も多いはずです。

しかしその一方で、京都にはロマンを感じる人も多いでしょう。
昔ながらの古きよき日本の風景を、現在の日本の粋を極めたホテルから眺めるというのも、中々乙と言えませんか?
ここからは、そんな京都府のロマンが満載のホテルをいくつかご紹介します。

まず、宿泊客の満足度が非常に高いと言われている京都ホテルオークラについてです。
京都ホテルオークラの魅力は、京都府の数多くの観光名所が徒歩圏内にある事です。
よって、観光の拠点としては最適のホテルといえます。

もちろん、それだけではありません。
120年という長い歴史を持つこの京都ホテルオークラのお部屋はとても洗礼されて美しく、特に家族連れの方が良く泊まりに来るようです。
その際に使用するファミリールームは、ゆったりとした空間で色調も穏やかなので、昼間の観光の話をリラックスしながらするのには最適と言えます。
ファミリールームという名前ですが、友達同士でこの部屋を取る人たちも多いようです。

紅葉の季節になると、京都府を訪れる観光客が激増します。
そうなってくると、口コミ人気の高いこのホテルには当然予約が殺到します。
紅葉シーズンに突入する前に予約を入れておかないと、一番良い時期に一番良いホテルで旅行を楽しむというプランが壊れてしまいます。
気をつけておきましょう。