柚子屋旅館

京都府の魅力と言えば、古きよき時代の日本を色濃く残した街並みが挙げられるかと思います。
四季折々の自然に囲まれた、今の日本にはないその風景を堪能する為、人々は皆京都府へと足を運ぶのでしょう。
そんな観光客のほとんどは、京都府に来るに当たって一つ大きな悩みが発生します。

それは、どの宿に泊まるかという選択です。
肝心の宿がイマイチとなると、折角の京都旅行が台無しになってしまいますから、慎重に選ぶべきですよね。
そこで、ここでは間違いのない宿をいくつか厳選してご紹介しようかと思います。

まず、旅館編です。
京都というと、旅館というイメージがあるのではないでしょうか。
和を前面に出した京都に旅行に来たのなら、旅館に泊まりたくなるのが自然の理というものです。
当然、京都府には沢山の観光客向けの旅館があります。
その中から、特に人気の高い柚子屋旅館についてご紹介します。

柚子屋旅館は、京都市東山区祇園町にある旅館です。
八神神社の直ぐ近くにあります。
この旅館の人気の秘密は、柚子風呂ですね。
柚子風呂は保水性分に優れ、柚子の香りがリラックス作用を生み出しています。
一日の観光で疲れた体を優しくいたわってくれ、とても幸せな気分にしてくれる宿です。

紅葉の季節になると、この柚子屋旅館には一気に宿泊客が増えます。
紅葉シーズンに予約なしでこの旅館を訪れるのは無謀です。
紅葉を楽しむ為の旅行を満喫したいなら、夏の間に予約を入れておくことをお勧めします。
  


佳水園


京都府の旅館として有名な所というと、佳水園が挙げられるでしょう。
この佳水園は、京都府にあるウェスティン都ホテル京都というホテルの中に別館として建てられた旅館です。
ホテルの和室というのではなく、一つの独立した旅館という捕らえ方の方が適切でしょう。

佳水園は和を重視して作られた宿で、様々な観光名所で見られる和の部分と一致しており、和を目的に観光に訪れた人たちにとっては、まさに理想の宿と言えます。
この旅館の目玉は、白砂敷きの中庭でしょう。
豊臣秀吉が自ら設計したとも言われている三宝院の庭を模しているので、実際に三宝院に行った人はビックリするかもしれませんね。
非常に美しい中庭なので、眺めているだけでもリラックスできます。

また、この佳水園は高級ホテルと一体化している事もあり、充実した施設を堪能できるところも魅力です。
ウェスティン都ホテル京都にはプールが室内外にあるので、夏は一泳ぎできます。
フィットネスやエステの施設もあるので、女性にはとても魅力的なのではないでしょうか。
和と洋の両方を楽しめ、洋の施設を活用し、和の雰囲気を感じながら眠りにつくことができるので、とても快適な夜を過ごせます。

紅葉のシーズン、ウェスティン都ホテル京都においては佳水園に予約が殺到するそうです。
紅葉目的の観光客がかなり数多く訪れる地域なので、紅葉の季節になるとほとんど部屋があいていないというのが実情です。
京都府を旅行する際には、是非お早めに予約しておきましょう。
  


ホテルグランヴィア京都


京都府のホテルは、質の高いところが多いとされています。
その理由は、言うまでもないでしょうが、観光客が多いからです。
京都府を訪れる観光客は、数々の学校からの修学旅行生や、日本の歴史を学びたい大学生、紅葉などの自然に触れたい家族連れ、歴史的価値の高い建造物に古きよき日本の思い出を語りたい年配者など、老若男女問わず、幅広い層の観光客が訪れます。

そんな観光客を満足させるには、ありきたりな宿泊施設では物足りません。
そういった宿は自然に淘汰され、質の極めて高い宿が残っているという事になります。
そんな中、新たな京都府のホテルの中心として君臨しようとしているのが、ホテルグランヴィア京都です。

ホテルグランヴィア京都は、まだ設立して10年という、京都の宿泊施設の中では新しい部類に入るホテルです。
しかし、早くもその知名度は数ある老舗を抑え、トップクラスにまで上り詰めています。
それは、幅広い層に受け入れられるだけの質を備えたホテルだからと言えます。
部屋数の多さもトップクラスで、ツインを中心に500を越える客室が用意されています。

紅葉のシーズンは特に目の肥えた観光客が増えます。
同時に、修学旅行生も増えます。
とても難しい時期と言えるでしょう。
それでも、ホテルグランヴィア京都ではほとんどトラブルは起こりません。
それだけ質の高い従業員で構成されているという事です。
紅葉を落ち着いて楽しみたいなら、ホテルグランヴィア京都が最高の選択といえるかもしれません。